子供のためにできるダニ対策とは!?

今回はダニ対策について書いていきたいと思います。

 

ダニやダニの糞というのは、アレルギーに深く関係しています。
ダニは人間の皮膚やフケなどを食べて成長し、糞や死骸を我々が吸い込んでアレルギー発症を引き起こします。

 

その結果、アトピー性皮膚炎・鼻炎・喘息などのリスクが高くなってしまいます。

 

アレルギーマーチとは?

 

子供の頃になったアレルギー症状が連鎖することを「アレルギーマーチ」といいます。

幼少期に発症して完治したとしても、その後、成長してから気管支喘息や花粉症になったりして、次々にアレルギーの症状にかかりやすくなるということです。

 

その為、幼少期に「ダニアレルギー」にかからないことが大事だと言われています。

 

家の中でダニが多い場所

 

一般的にダニが生息・繁殖しやすい場所は、ソファ・カーペット・寝具です。

共通しているのは、「布製品」というところです。

 

効果的なダニ対策

 

1番効果的なのは、できるだけ布製品を減らすことですが、それは厳しいですよね。

我が家はソファでよく授乳しているので、ビニール製に買い換えるか検討中です。

 

実は、ダニは生命力がかなり高い生き物です。

驚くべきことに、洗濯しただけでは死滅しません。

 

ダニの弱点は「熱」ですので、乾燥機にかけられるものはかけて、死滅させてから洗濯するのが効果的です。

60℃以上で確実に死滅すると言われているので、天日干しでは撃退しきれないということになりますね。

ましてや洗濯だけではほとんと効果がないんです。

 

布団は布団乾燥機にかけてから掃除機で吸うといいでしょう。

もし布団専用ノズルがあれば使ったほうがいいです。布団専用ノズルは、布をできるだけ吸い込まないように設計されているのが多いので。

 

カーペットは、夕方以降に帰宅してすぐに掃除機で吸い取るのが効果的と言われています。

ダニは暗くて静かな時により活発になるので、表面に出てきたところを吸うとたくさん取れるからです。

 

掃除機をかける時のポイント

 

ポイントは縦・横の2方向にゆっくりかけることです。

そうすることによって、布の繊維にしがみついているダニを効果的に吸うことができます。

ゆっくりかける目安として「畳半畳分を30秒間」と言われてますが、掃除機をゆっくりかけるのはかなり大変ですね。

( ̄▽ ̄;)

 

なかなかダニ対策は大変ですが、できることからやってみてはいかがでしょうか?

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください